【新型コロナ】お葬式があるのに帰省できない!帰れない!そんなときおすすめしたい対処法

 

新型コロナウィルスが世界的にまん延し、これまでのように自由な行動がとれませんね。

お葬式があっても、なかなか帰省することができず、歯がゆい思いをなさっている方も多いことでしょう。

感染症対策のため、遠出はしたくない。

しかし実家や親せきに不義理はしたくない。

そんな方のためにこの記事では、すぐに利用できる、カンタンで便利な対処法をご紹介します。

 

 

弔電を送る

コロナでお葬式に帰省できない人のための対処方

 

やむをえず、葬式や告別式を欠席する人は、

「弔電(ちょうでん)」を利用するのが一般的です。

とくに、ネットで注文できる「弔電」は、安価で手軽なので、たいへん人気。

しかも安いからといって、品質が劣るというわけではありません。

豊富な種類のなかから、あなたの好みに合った台紙を選ぶことができ、

さらに料金体系が明確なので、

注文してから「びっくりするほど高くついた!」などということもなく安心です。

 

格安で高品質な弔電を送るなら

弔電の顔ともいえる「台紙」。

デザイン性や品質に優れた台紙が、1,280円(税込1,408円)~という格安料金で送ることができるのが「VERY CARD」です。

豪華な西陣織電報も、送料込みで2,950円(税抜)~

 

電報サービス【VERY CARD】 は、
  • 台紙の料金
  • メッセージ料金
  • 配送料金

すべてコミコミの料金なので、利用者は分かりやすいですね。

オトクな料金について詳しくは、「弔電を格安で送るには?おすすめ電報会社を紹介します」をお読みください。

 

弔電メッセージにはなんて書く?

「VERY CARD」には、弔電で送ることがふさわしい文例がたくさん用意されています。

そのなかから選ぶだけでよいので、文才に自信のない方でも心配いりません。

突然の悲報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。
ご遺族様のお悲しみいかばかりかと拝察いたします。
お別れもできず、残念です。
故人のご冥福をお祈りいたします。

「新型肺炎のため」「コロナのため」‥‥という文言は、使わない方が無難です。

弔電は、葬式や告別式の会場で読み上げられることがあるため、

その場の雰囲気をぶち壊さないような、当たり障りのない文言を選ぶ方がよいでしょう。

 

「供花」をおすすめする理由

 

「弔電だけでは寂しい」と思われる方や、

故人やご遺族が親しい間柄にある方、連名で弔意を伝えたい方などは、

「供花」を贈ることがおすすめです。

「弔電」と組み合わせることで、より真心を込めた哀悼の意を伝えることができるでしょう。

コロナで葬式に出られない人におすすめの供花
リーズナブルな供花が揃う「プレミアガーデン」

 

プレミアガーデン では、つつましやかな「アレンジメント」から、豪華な「胡蝶蘭」まで、種類豊富な供花から選べます。

「供花って、お高いんでしょう?」

と、思われる方、そんなことはありません。

胡蝶蘭は15,000円~、アレンジメントは5,000円~ご用意しており、

さらに期間限定、特別特価のお値段でも、ご案内しています。

一度、「プレミアガーデン」のサイトを訪問し、お値段をお確かめください。

 

こちらをクリックしてください。

 

コロナ禍の葬式に帰省できないときの香典はどうする?

コロナで帰省できないときの香典はどうする

 

弔電を送ったから香典はなしでいい、というわけにはいきません。

お葬式の後、1週間から10日程度をめやすに、現金書留で香典をお送りするのがマナーです。

香典につつむ金額の目安は、次のとおりです。

 

知人、近所の人3,000円~5,000円
会社の上司や部下、
親しい友人、隣家の人
5,000円~1万円
親戚1~5万円
両親5~10万円

 

香典とともに、故人をしのぶ簡単な手紙を同封するのが一般的です。

この手紙はご遺族しか読まれませんから、個人的な話題や近況をしたためてもいいでしょう。

「新型肺炎のまん延で、やむをえず帰省できなかった」旨はここで記し、

ひとことお詫びの言葉を添えるのが、よりよい方法です。

 

関連記事
「弔電(ちょうでん)とは?香典(お金)を郵送する方法や送るタイミング」

 

コロナでもつながりを大切に!弔電や供花で思いを伝えよう

この記事では、新型コロナウィルスがまん延し、お葬式でも帰省できないかたのために、

先方に失礼のない対処方法について解説してきました。

「弔電」や「供花」など、なんとなく面倒くさいと思われがちですが、

一度やってみると、心のこもった哀悼の意を、意外と手軽にでき驚かれることでしょう。

100年に一度と言われるほどの感染症危機に瀕している時代ですので、

無理な遠出はせず、自宅から故人を偲ぶ方法を選択したいですね。